副医院長ブログ

プレオルソ(子供の歯並び)

今日は子供の歯並びの矯正についてのお話です。

子供の中には前歯の歯並びが、上下反対に噛み合わせた人もいます。

骨格的に原因がある人と、歯の生え変わりの時期にうまいこと交換できない人と原因があります。

syosinn

この患者さんは大人の歯の交換がうまいこといかなかった7歳の患者さんです。

こうなると上の顎が成長が抑制されて良くありません。

そこで矯正しないといけないのですが、歯一つ一つに装置を付ける場合は歯に痛みがあったり、おおごとになりそれなりに大変です。

手軽に矯正できるマウスピース型の装置があります。

名前はプレオルソ

3歳から始められるプレオルソこども歯並び矯正法は、小児(3歳〜10歳)の骨の柔らかい時期に使うことで、非常に大きな効果を期待できる画期的な治療方法です。

souti

装着するとこんな感じです

soutyaku

実際は口を閉じてないといけませんが・・・・。

この装置は毎日長時間使えば使うほど効果があります。最初は2時間程度から慣れていただき、慣れれば寝ている時もつけてもらいます。

その他にも注意点はあり、個人差はありますが、半年で効果が出てきます。

うまいこといけば3ヶ月ぐらいで、

keika

こんな感じです。まだ、反対に噛み合わせているところがありますので引き続き装置の装着は必要ですが、ある程度改善しました。

 

 

 

寺島歯科医院