副医院長ブログ

本の紹介

今回は患者さんの目線の本です。子供時代の歯科治療のトラウマから治療を敬遠していた結果、歯を若くして失い、インプラントを経験し、定期検診をせず放置した結果、さらなるインプラント治療が必要になり、それからの10年以上にわたる苦労が書かれています。

題名は ”欠歯生活”

    歯医者嫌いのインプラント放浪記

messi

 

歯科治療が嫌いな患者さんの気持ちがよくわかりました。あと、インプラント治療の相場もわかって、他の患者さんのためになるのかなと思いました。

ただ、虫歯にならないためにどうすべきか?などを知らないがために、どんどん歯を失って行くはめになっていることはかわいそうだなと思いました。

早くに予防に関する知識(定期検診、砂糖のコントロール、歯ブラシの仕方)を知っておおけば、こんなことにはならなかったかもしれませんね。

 

 

歯科治療が嫌いな方は是非一度読んで見てください

寺島歯科医院