お知らせ

未来の診断機!!

コンピューターによるAI(人工知能)の進化は凄まじいものがあります。

 

 

 

 

 

最近は色々なケースを学習(データとして保存)することで、

医学の分野でも診断として役立てよう言う試みがあります。

 

現時点でも画像診断に活用され始めています。

歯科領域においても、画像診断に関して、応用が検討されています。

メディホーム株式会社では

歯のX線写真をAIで解析するシステムを開発したようです。

読影にかかる時間は1枚あたり0.018秒程度。

ベテランの歯科医師による平均時間120秒の約6000倍の速さです。

メディホームの診断AIはパノラマエックス線写真を画像解析して虫歯などを見つける

メディホームの診断AIはパノラマエックス線写真を画像解析して虫歯などを見つける

解析に使うのは口の中全体を1枚に収めたパノラマX線写真です。

初診時に必ず撮影するもので全ての歯が写っており情報量が多い。

歯科医も気付かない初期の虫歯も発見できるようになる。

医療法人社団の葵会(東京・千代田)と共同開発し、対象の症状は虫歯など5つ。

メディホームは徳島大学との共同研究も始め、対象を口腔がんなども含めた20種類強まで増やす。

22年までに医療機器の承認を取得し、

診断AIとして実用化する考えです。

便利な世の中になりました。

将来は受付にこんな感じのロボットが置いてあって、診断もして、

 

 

 

 

歯を削るDrが

バーンと登場

 

 

 

 

え!!

ドリルがデカくて怖い!!

便利な世の中になることは良いことです。

 

寺島歯科医院