投稿一覧

仮の歯

当院では保険治療でも仮の歯をよく使って、治療をします。

仮の歯をとるとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮の歯と最終的な被せはこんな感じです。

仮の歯を使うことで、

1歯の削る量を確認できる。

2歯に痛みが出るか経過を見れる。

3隣の歯、反対の歯の移動を防ぐ

(詳細な理由は歯は常に動いている③

4削った歯をしっかり保護できる

5歯茎を保護する

など、メリットがあります。

デメリットは、治療時間がかかるのと仮の歯が割れたり、無くされたらまた作るのに手間がかかる。仮の歯を入れた途端に来院が途絶えるケースがあります。これは良くありません。(仮の歯が入ったら大丈夫?

 

治療している側も仮の歯を入れている場合、取れなかかったら、歯型をとっても治療期間が、最終的な被せを入れるのに1ヶ月ぐらい開けても全然大丈夫な所です。

最終的には

こんなん感じで入ります。(患者さんは忙しい方で、型取りして5週間も開けて来院されましたが問題なしです)

結構便利なんですよ!!

 

 

 

 

寺島歯科医院