投稿一覧

唾液③

唾液のお話の続きです。

前回のブログは

唾液①

唾液②

今日は前回の唾液の働きを踏まえて、唾液が減るとどんなことになるかを説明していきます。

①虫歯の原因となる酸を無効にする中和機能

②歯を治す再石灰化機能

③細菌やウイルスと戦う抗菌機能

④食べ残しを洗い流す洗浄機能

⑤発声や飲食を助ける潤滑化機能

⑥デンプンの分解を助ける消化機能

⑦味の物質を味センサーまで運ぶ運搬機能

⑧水分不足を知らせるアラーム機能

この8つの働きがなくなるわけです。

となると、・・・・

虫歯になりやすくなります

唾液の量が少なくなると、食べ物を洗い流せなくなり、歯を再石灰化できず、酸を中和できないので、虫歯が非常にできやすくなります。

②歯周病が悪化しやすくなります

食べ物の洗浄作用、最近と戦う抗菌機能がなくなり、菌が繁殖しやすくなりやすい環境になり、歯周病が悪化します。

③口臭がキツくなります

唾液の抗菌作用がなくなり、口臭の原因となる細菌が繁殖しやすくなります

 

 

 

 

 

 

④味覚が鈍くなります

味の物質を味センサーまで運べなくなるため、味覚が鈍くなり、おいしさが感じられなくなります。

よって、食が細くなりやす区なり、より体に悪影響が出ます。

⑤窒息や肺炎の危険性が高まります

食べるときの食べ物を運ぶ潤滑作用が衰えるため、非常に食べ物を食べにくくなり、また飲み込みにくくなり、窒息する可能性が高くなります。また、抗菌作用もなくなり、誤嚥性肺炎の可能性も高くなります。

誤嚥性肺炎は以下を参考に

誤嚥性肺炎

このように、唾液がすくなると色々なリスクが上昇します。

では、どのようなことが原因で唾液が少なくなるのでしょう。

それはまた次回お話しします。

 

 

 

寺島歯科医院