お知らせ

歯周病は歯科医師だけでは治せない

歯周病は日本人の7割が罹患しており、日本人が最も歯を喪失する理由になる病気です。

どんな病気かと言うと、日本人のたくさんお口の中にいる菌の中の歯周病原菌による感染症です。歯の周りの組織である歯肉や歯を支える骨に起こる病気で、歯の周りについた汚れ歯石などが原因で、歯周病原菌が活性化し初期には歯ぐきが腫れて出血し、進行すると歯と歯茎の境目が破壊され、歯を支える骨を溶かし、歯が揺れて、最終的には歯が抜けてしまう病気です。

歯周病で最も大事なのはプラークコントロールです。

このため、歯周病の治療では歯科医院で行う専門的な『プロフェッショナル・ケア」や本格的な治療により、徹底的にプラークを除去します。

この処置により、歯周病の進行は抑えられます。

が、これで治療は終わりではありません。

次に大事になってくるのは、改善したお口の中を、良い状態で維持し、歯周病を予防する、セルフ・ケアが大事になってきます。

歯周病の原因であるプラークは食べ物の残りカスを、栄養に増殖します。

なので、毎日の歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなどによる自分自身による口腔内の清掃が大事になってきます。

また、人間完全に口腔内を毎日清掃できることはまずないので、定期的な歯科医院のプロフェッショナル・ケアも必要になります。

このように、歯周病治療は患者のセルフ・ケアと、歯科医院でのプロフェッショナル・ケアの両輪で行うことが大事です。

寺島歯科医院