お知らせ

歯が痛いのに、歯が原因でないことってある?

歯が痛いと言って当院に来られる患者さんは良くおられます。

でも、原因の歯がわからない事は稀にあります。そんな時は、無理に触りません。

何故なら、歯が原因でないが歯が痛い時があるからです。

それを非歯原性疼痛と言います。

どのような痛みかというと

①筋肉が原因の歯の痛み

②神経障害性疼痛による歯の痛み(三叉神経痛、帯状疱疹性神経痛など)

③神経血管性障害による歯の痛み(偏頭痛、群発頭痛など)

④上顎洞疾患による歯の痛み(花粉症による鼻詰まり、副鼻腔炎等が原因)

⑤心臓疾患による歯の痛み(狭心症など)

⑥精神疾患または心理社会的要因による歯の痛み(統合失調症、うつ病等が原因)

⑦特発性歯の痛み

⑧その他の疾患による歯の痛み

の8種類の原因が考えられます。

そのような場合があるため、痛みの原因がはっきりするまで、お薬等で経過を見ることがあります。

時間が経過すれば、痛い原因の歯がはっきりしてくる場合も多いからです。

寺島歯科医院