お知らせ

高血圧症のお薬の副作用②

 

高血圧症のお薬の副作用①というお話で前回しました。

え!!

 

 

 

 

 

 

話がくどいって?

もう少しだけお付き合いください

降圧剤の中に、自律神経に作用し、末梢血管の収縮を抑制する降圧剤があります。

中枢性交感神経抑制剤(中枢性α2アゴニスト)と呼ばれ、

上述したような降圧剤が使用できない場合や、

いくつかの降圧剤を併用しても血圧のコントロールができない場合に選択されています。

中枢性交感神経抑制薬は、副作用が多く、眠気や口の渇き

倦怠感、立ちくらみ勃起障害などが起こりやすい傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど!!

はい!!そうなんです。お口の中に関係しているものがありますよね!

”口の渇き”ですね。

これがひどい人をドライマウスと言います。

ドライマウス(口腔乾燥症)は、

唾液の分泌が低下して、お口の中が乾く病気です。

ドライマウスには、様々な原因があります。
加齢による筋肉の衰え、

薬の副作用(降圧剤や抗炎症剤、鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、抗うつ剤など)、

体の病気(高血圧や糖尿病、腎疾患、シェーグレン症候群など)、口呼吸、ストレス

など当てはまる方は、ドライマウスの可能性が高まります。

以下の項目で当てはまる項目があれば注意が必要です。

  • 水をよく飲む
  • お口の中がネバネバする
  • 舌がヒリヒリする
  • しゃべりにくい
  • 乾いた食品を食べづらい
  • 口臭が気になる
  • 入れ歯が擦れる
  • 食べ物の味がわかりにくい
  • ムシ歯や口内炎ができやすい

気になるようなら、お近くの歯科医院で相談してください。

適切なうがい薬、保湿剤がありますので処方してもらいましょう。

 

寺島歯科医院