投稿一覧

新型コロナウイルスのワクチンの話②

今日は新型コロナウイルスのワクチンのお話の続きです。

これまでのブログは

新型コロナウイルスのワクチンの話①

古川参院議員(Dr)にビオンテック社及びファイザー社によって開発されたワクチンのお話の続きです。

このワクチンの臨床試験のお話です。難しい苦なるので簡単にお話しします。

 

この図は新型コロナウイルス抗体がワクチンを打つと自然に感染した患者と同じくらいできていると言ったことをあわしたデータのようです。

で各年代に同様の新型コロナウイルス感染症の発症抑制効果があったとのことです。

副作用としては打ったところの痛み

痛くて泣くかもしれませんね。

 

全身の副作用は

年齢別に55歳以上と以下で分類されています。

 

 

よくあったのがこんな感じのようです。

で、大事になってくるのは今回のこのワクチンの効果です。

発症予防の効果だけ正確に調査したものであるということです。

 

ですので感染予防効果に関しては調査していないということです。

簡単にいうと、新型コロナウイルスにかかっても発症しずらくなる効果はあるが、感染拡大を抑えるものかあどうかはまだはっきりわかっていないということです。

 

で、一回摂取でも効果が認められ、また重症化予防効果もあるようです。

 

 

医療崩壊を防ぐことになるので期待が持てますね。

ですが、一つ注意が必要のようです。

このように、強いアレルギー反応が出やすいようです。

インフルエンザワクチンの約10倍と高い確率でこれが注意事項となるようです。

次に、まだ開発し手間もないので、課題も多くあります。その課題ですが、長くなりましたので次回以降にお話します。

 

 

 

寺島歯科医院