お知らせ

高血圧症を放置しないで!!

高血圧症ってご存知ですよね。

高血圧症とは、年齢や合併症によって基準は異なりますが、

一般的には診察室で計測した

収縮期血圧が140mmHg以上または

拡張期血圧が90mmHg以上の状態

を指します。

 

え、そんなの知ってるよ!!

では詳しく、お話ししていきます。高血圧が持続することで

動脈硬化が進行し、脳卒中や心筋梗塞

が引き起こされるため注意が必要です。

高血圧症を発症した場合、適度な運動や塩分を控えた食事などを心掛けます。こうした生活スタイルの是正により改善がみられない場合には、降圧剤を用いた血圧の管理も行います。

日々診療をしていますと、検診等で高血圧を指摘されて自覚していながら、高血圧症を放置して

いたたた!!!と歯が痛くて

人はなぜ、歯磨きをしなければならないのか

歯科を受診される患者さんがおられます。

 

こちらとしては、え!!!って感じなんですよ。

何故なら、血圧が高いと、歯科治療において

様々なストレスがあるため、血圧の大きな変動を起こすため、

 

希望通りの治療がすぐにできない場合があるからです。

 

 

 

なので申し訳ないですが、血圧が明らかに高い患者さんは

歯科の治療の前に、内科の受診をすすめ

約1ヶ月ぐらい、薬の服用にて、血圧のコントロールを優先してしてもらいます。

 

日頃から、血圧の高い患者では、頭痛、めまい、肩こり、耳鳴りなどの自覚症状を有することもありあます。

 

健康診断を毎年受診すること、

そして明らかな異常がある場合は

そのことを放置せず、必ず、内科等に受診するなど、

日頃から注意してください。

 

 

寺島歯科医院