お知らせ

衝撃!日本では既に”集団免疫が達成”されている!?③

前回からの続きをお話しします。

これまでのブログは(以下をクリック)

衝撃!日本では既に”集団免疫が達成”されている!?①

衝撃!日本では既に”集団免疫が達成”されている!?②

え?もう飽きた

そんなこと言わずに、最後までお付き合いお願いします。

前回、日本人は新型コロナウイルス の集団免疫を獲得しており、その理由は

簡単に言うと日本に少し”弱い型(K型)コロナウイルス(致死率の低い) が中国人を経由して感染拡大して

、ある程度集団免疫を獲得したためである”と言う説明をしました。

 

 

でも、なんでそんなことがわかるの?

まず、研究グループによると、新型コロナウイルスには3つの型があります。発生した順にS型、K型、G型です。最初にS型が発生し、それが変異したものがK型。G型も武漢でさらに変異した感染力の強い型が武漢G型で、欧米で流行ったより感染力が強い欧米G型があります。S<K<武漢G<欧米Gの順に毒性が強くなります。

で、ここで出てくるのが、”ウイルス干渉”

インフルエンザに感染すると、新型コロナウイルスに感染しなくなる。

逆もしかりである。このことをウイルス干渉と呼びます。

今年、日本で、インフルエンザの感染症の流行が極端に少なかったと言われています。

これは、当初、新型コロナウイルス の感染対策による手洗い、うがいの推奨等が大きな理由と考えれらていました。

が、この説では実は、ウイルス干渉が原因で

、今年のインフルエンザの感染の流行が抑えられたと考えています。

で、たまたま、日本では

中国からの完全な入国制限を始めた時期が、

欧米などに比べて遅かったんですね。

なので、日本には欧米には入ってこなかった、

K型新型コロナウイルス(無症状から軽症) の感染の拡大がまず認められ、

(このことによってウイルス干渉が起こり、この時期のインフルエンザの感染の流行の抑制が認められた)

2から3月ごろには半分程度の日本人が

新型コロナウイルス に免疫を持つことができと考えておられます。

その後、武漢G、欧米G型とコロナウイルス が感染拡大したのですが、

日本人の半数がK型の免疫を持っており、

免疫を持っていない半数にしか毒性の強いG型コロナウイルス の影響がなかったため

感染者数の大幅な増加、大人数の死者が出なかったと言う考えです。

 

 

難しいですけど、皆さん起きてますか?

 

 

 

 

 

動画には他にも難し説明は色々ありますが、簡単にまとめると以上です。

たまたま、

日本の入国制限が遅かったことが

幸いしてるって凄くないですか?

神様ありがとうございます!!

で、疑問も出てくるわけで、6月より日本で感染拡大している型は別の型のようですが、何型になるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この型は毒性が強いのか?

日本人はこの型に免疫はあるのか?

現在持っているとされる免疫はいつまで効果があるのか?

今後ウイルスがさらに毒性を持つ変異をする可能性はあるのか?

 

色々と疑問はつきません。

 

最後までお付き合い、ありがとございます。

ただ、この記事だけを読んで、コロナウイルス 感染症はもう大丈夫。

マスクなしで集まってガンガンイベントして良いとは思わないでください。

これは一つ可能性のある学説です。

まだまだ、未知のウイルスで、

今後色々な多方面の解析が絶対に必要であることをお忘れなく!!

 

 

寺島歯科医院