投稿一覧

上久保靖彦氏最新動画紹介 特番 第3弾『集団免疫は達成された。今こそ政策転換を!』④

今日は上久保教授の動画の内容の紹介の続きです。

これまでの話は以下をクリック

上久保靖彦氏最新動画紹介 特番 第3弾『集団免疫は達成された。今こそ政策転換を!』①

上久保靖彦氏最新動画紹介 特番 第3弾『集団免疫は達成された。今こそ政策転換を!』②

上久保靖彦氏最新動画紹介 特番 第3弾『集団免疫は達成された。今こそ政策転換を!』③

ここからは新型コロナウイルス の説明の話です。

 

ウイルスは自身で増殖できず、細胞に寄生して、増殖します。

新型コロナウイルス はウイルス表面のSタンパクに変異が起きた型で、非常に細胞のACE2受容体に付きやすく、その影響で感染が広がりやすい強力なウイルスであると言うことです。

また、新型コロナウイルス はベータコロナウイルスに分類されます。

 

 

 

 

 

 

 

次に日本では集団免疫を獲得しており、欧米と状況が異なり、死者数も極端に少ない状況で、死者数も下の図の当時約800人現時点で1500人程程度でインフルエンザの年間の死者数3000人に比べても少ない。新型コロナウイルスかんせんまた、65歳以上100000人に対して、死者数は0,278人となり、

社会を止めてまで、感染対策する必要はもうないと思われると説明しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に最近欧州では感染者数が増加しているため、新たなロックダウンが必要では?と議論されていますが

実際どうかと言うお話になります。

この図から、欧米でも致死率がどんどん減少していることが確認できます。

また、日本と同様にPCR検査数が増えたため、感染者数が増加しているだけで、死者数は、日本も欧米も増加していませんと言っています。

この図は、日本とスエーデンとフランスの感染者数と死者数の推移で赤が死者数になります。

なるほど、確かに死者数の増加は落ち着いてきています。

では冬場にかけて、インフルエンザ等との同時流行はあるのでしょうか?

確かに不安ですね。

それはまた次回のお話にします。

 

 

 

寺島歯科医院